腹筋群を全体的に鍛えるシットアップの効果的なやり方

体幹の柔軟性強化

シットアップは腹筋群を全体的に鍛えることができ、The 腹筋をイメージしやすいエクササイズです。腹筋群に刺激を与えるために、回数などを調整しながら行いましょう。

鍛えられる部位

鍛えられる部位 (腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋)

手順

1.仰向けに寝た状態(角度をつけたベンチ台の場合も)で、足首をパッドに、膝を90度に固定する。腹直筋をわずかに屈曲させ上体を起こしていく

上体が大腿部に近づいたところで元の姿勢に戻る

シットアップ
シットアップ

2.バリエーションとして、上体を起こすタイミングで身体を左右どちらかにひねり、腹斜筋群に刺激を入れることもできる

シットアップ
シットアップ

ポイント

1.腹直筋にしっかりとした刺激が入るように腰をわずかに屈曲させる

シットアップ

2.腹斜筋に刺激を入れる場合には背骨を軸とし、身体を左右どちらかにひねる

シットアップ

3.大腰筋を強化したい場合には足首をパッドにしっかりと固定し、背屈させる

シットアップ

まとめ

シットアップは腹直筋をはじめとした腹筋群に刺激を与えるエクササイズです。腹筋と聞いてイメージするエクササイズですが、思った以上に難しく、奥の深いエクササイズです。上手く腹筋に刺激を与えるために、腹圧をかけたり、ひねり動作を入れてアレンジしてみましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました