柔軟な下半身を鍛えるグッドモーニングの効率的なやり方

下肢の柔軟性強化

グッドモーニングは名前の通り、お辞儀をして挨拶をしているかのような動きで、脊柱起立筋とハムストリングスの柔軟性を向上させるエクササイズです。 バーの重さを意識しながら股関節の屈曲・伸展を行うエクササイズであるため、見た目以上に難しいエクササイズとなっています。

鍛えられる部位

鍛えられる部位 (ハムストリングス・脊柱起立筋)

手順

1.バーベルを肩に担ぎ、肩甲骨を寄せた状態で直立する

その後股関節を屈曲させていく

グッドモーニング

2.上体が地面と平行になるように股関節を屈曲させていく

この際に膝関節が曲がらないように気をつける。ハムストリングスが伸びていることを意識する

グッドモーニング

3.上体が平行になったら、かかとに少し力を入れながらスタートポジションに戻っていく

グッドモーニング

ポイント

1.膝関節の角度を固定する

グッドモーニング

2.臀部を突き出すようにしてハムストリングスをしっかりと伸ばす

グッドモーニング

NG

1.脊柱が屈曲している

グッドモーニング

対策:脊柱を屈曲させないように意識する

グッドモーニング

2.脊柱が屈曲しているので、ターゲットであるハムストリングスを伸ばせていない

対策:ハムストリングスを伸ばすことを意識する

まとめ

グッドモーニングは脊柱起立筋とハムストリングスの柔軟性を向上させるエクササイズなので、ターゲットとしている部位に負荷がしっかりとかかることを意識してください。特に、背中が曲がらないように脊柱を屈曲しない状態を保つこと、ハムストリングスがしっかり伸びていることを意識しながら行いましょう。かかとに重心が乗っていることを意識し、臀部を引くことによって、上半身が床と並行になっていくことを確認しながら行なっていきましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました