ダンベルで肩と上腕を鍛え上げるシーテッドショルダープレスのやり方

肩の筋力強化

シーテッドショルダープレスは読んで字のごとく、椅子またはベンチ台に座った状態で行うショルダープレスのことです。立った状態で行うよりも上半身のフォームが安定するため、しっかりと肩周りの筋群に刺激を入れるには効果的なエクササイズです。

シーテッドショルダープレス【筋力トレーニング】

鍛えられる部位

鍛えられる部位 三角筋前部 上腕三頭筋

手順

1.両手にダンベルを持ち、上腕を肩と同じ高さにし、肘を90度曲げた状態でキープしておく

シーテッドショルダープレス

2.ダンベルを耳の下の高さまでおろす

シーテッドショルダープレス

3.ダンベルを頭の上に上げていき腕を伸ばす。その後ダンベルを降ろしスタートポジションに戻る

シーテッドショルダープレス

ポイント

1.上腕を床より平行な高さより下げ、しっかりと可動域をとり、胸を開く

シーテッドショルダープレス

2.手首と肘を結ぶ線が地面と垂直になるようにする

シーテッドショルダープレス

NG

1. ダンベルが肩の垂直軸から離れている

対策:ダンベルが肩の垂直軸から離れないようにする

シーテッドショルダープレス

2. 体が極端に反ってしまい背中や腰がシートから離れている

対策:身体が極端に反って背中や腰をシートから離さない

シーテッドショルダープレス

まとめ

シーテッドショルダープレスを行う際には座る位置が非常に重要です。腰が極端に曲がってしまう可能性があるため、背中に支えがある状態で行いましょう。腕がしっかりと自分の身体の側面に来るようにして三角筋全体に刺激を入れられるようにしましょう。極端に腕が身体の前側にいってしまったり、後側にいってしまわないように手首にも力を入れて、シャフトやダンベルを安定させましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました