僧帽筋と菱形筋を鍛えるシュラッグの効果的なやり方

肩の筋力強化

シュラッグは肩甲骨を挙上させる際に働く僧帽筋に刺激を与えるエクササイズです。、肩を竦めるような動きによって僧帽筋を鍛えるエクササイズであるため初心者でも習得しやすいことが特徴です。

シュラッグ【筋力トレーニング】

鍛えられる部位

鍛えられる部位 僧帽筋 菱形筋

手順

1.両足を腰幅に開きバーベルを持ち直立する。やや上半身を前傾させてたポジションを取る。

シュラッグ

2.腕を伸ばしたまま肩甲骨を引き寄せ挙上させる。挙上させた後元のポジションに戻る。

シュラッグ

3.その際には腕は曲げないよう注意する。

シュラッグ

ポイント

1.しっかりと胸を張るようにする。

シュラッグ

2.肩甲骨を寄せるだけでなく肩をすくめるような動きも行いしっかりと僧帽筋も収縮させる。

シュラッグ

NG

1.肘を曲げてバーベルを挙上している。

対策:肘を曲げてバーベルを無理やり挙げない。

シュラッグ

2.肩甲骨開いている(外転してる)。

対策:肩甲骨が開いたまま(外転)にならないようにしっかりと内側に寄せる。

シュラッグ

まとめ

シュラッグを行う際の注意点として、肩甲骨を外に開かないように行いましょう。肩甲骨を寄せる(内転)動きに加え、肩を竦めるような動き(挙上)を同時に行うことを意識しましょう。難易度自体は低く、両手にダンベルなどを持つだけで負荷を変えることができるのでフォームを意識しやすいエクササイズです。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました