上腕二頭筋短頭を鍛えるワイドグリップアームカールの効果的なやり方

腕の筋力強化

ワイドグリップで行うアームカールはシャフトを手幅より広く持つことによって、上腕二頭筋短頭という力こぶの内側を中心に刺激を与えるエクササイズです。
そんなアームカール(ワイドグリップ)を紹介していきます。

アームカール(ワイドグリップ)【筋力トレーニング】

鍛えられる部位

手順

1.アームカールと同様の足幅で、バーベルを肩幅以上に持つことで、上腕二頭筋の短頭に負荷をかけることができる

2.肘を屈曲させてバーベルを挙上する

2.肘を屈曲させきったらバーベルを下ろして開始姿勢まで戻る

ポイント

1.肘の位置をしっかりと固定する

NG

1.身体の勢いを使っている

対策:上半身を起こす動きと連動してバーベルを引き上げないように腕の位置を固定させる

2.バーベルを内側に持ちすぎている

対策:バーベルを内側に持ちすぎてバーベルのバランスが取れなくなることがあるので、まずはしっかりとした幅で持つ

まとめ

反動をつけずに行えるように肘と腕の位置を固定しましょう。チートと呼ばれる反動をつけて行う方法もありますが、上腕二頭筋にかかる負荷が高いため、初心者の方にはお勧めできません。バーベルやダンベルなどを持つ際に手の幅を変えたりすることで刺激の入り方が変わってきます。上腕二頭筋の使い方に慣れてきたらバリエーションを増やしていきましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました