大臀筋・脊柱起立筋・内転筋を鍛えるスモウデッドリフトのやり方

下肢の筋力強化

デッドリフトはスクワットとベンチプレスに並ぶBIG3のエクササイズの一つです。このスモウデッドリフトはデッドリフトの中でも下肢の筋力をより強化できるエクササイズです。大臀筋は身体の中で大きな筋肉の一つです。大臀筋を鍛えることによって基礎代謝を上げる効果が期待されます。さらに、脊柱起立筋にも刺激を与えることができます。そんなスモウデッドリフトを紹介します。

スモウデッドリフト 【筋力トレーニング】

鍛えられる部位

手順

1.足を肩幅以上(1.5〜2倍)開く。
膝が内側に入らないようにつま先を外に向ける。
グリップはオルタネイトグリップで持つ。
両手にダンベルを持ち、上腕を肩と同じ高さにし、肘を90度曲げた状態でキープする。

2.スタートポジションをキープしつつ、足でしっかりと地面を押すようなイメージで立ち上がる。

3.上体を起こしたらしっかりと肩甲骨をしめて胸を張る。

ポイント

1.ウェイトをおろす際には身体が前に倒れないようにここでも胸を張った状態をキープしておろす。

まとめ

間違った姿勢でエクササイズを行うと怪我の原因になります。背中が曲がってしまうと腰に負担がかかってしまい、狙った運動効果が得られない可能性があるので注意しましょう。
大臀筋を鍛えることで筋力がアップし、基礎代謝を上げることができます。
重量を上げることによって負荷を変えられますが、自分に合っていない高重量でエクササイズを行うと姿勢が崩れてしまうので、怪我をしない程度に正しい姿勢が取れる重量で行い、専門家に見てもらいながら行いましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました