ハムストリングス・大腿四頭筋・大臀筋・脊柱起立筋を鍛えるルーマニアンデッドリフトのやり方

下肢の柔軟性強化

VIEW数 148

ルーマニアンデッドリフトとは、下肢の筋力や柔軟性を向上できるエクササイズで、下肢全体を鍛えることができます。大臀筋やハムストリングススといった大きな筋群をしっかりと引き伸ばすため柔軟性を向上させることができ怪我を予防することができます。そんな多面的な効果を持ったルーマニアンデッドリフトを紹介します。

ルーマニアンデッドリフト【筋力トレーニング】

鍛えられる部位

手順

1.膝の角度を固定したまま股関節を屈曲させていく。

2.シャフトが膝を超えるあたりまで下ろしていく。その際に腰が曲がらないようにする

3.膝の角度を固定したまま股関節を上に伸展させて上半身を起こし、姿勢を崩さずにバーベルをコントロールして開始姿勢に戻る

ポイント

1.膝をわずかに曲げ固定する

2.肩甲骨をしっかりと寄せて背中も固定する

NG

1:無理やり高重量を持って引き上げない。

対策:バーベルを下ろしすぎて、腰が曲がらないようにする。

1.手の幅は狭くなりすぎない。

手の幅は少し広めにとる

まとめ

下肢の中の大きな筋群を鍛えられるエクササイズですが、腰が曲がった状態で行ってしまうと、腰への負担が大きくなるので正しい姿勢で行いましょう。
重量を加えることもできますが、腰への負担も考慮して行うようにしましょう。高重量で行うよりも安全で正しい姿勢を意識しましょう。ハムストリングススが伸ばされていることが実感できる適切な負荷で、自分が持ち上げることができる重量から始めましょう。

Sportipのおすすめ!

Sportipのアプリを利用すれば、解析を用いてトレーニングの評価をすることが可能です。

トレーナーの方はこちらからアプリの登録が可能です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました